オルタナティブについて

少数派・傍流だからできること

 代表 谷藤 亮子(たにふじ りょうこ)

■システムを使う側・作る側として

私は倉庫事務アルバイトをしており、日々タイトな時間の中で多くの業務をこなしていく中でシステムがいかに効果があるか、重要性を強く実感しました。

開発者となった時にシステムの基本思想が出来ていきました。

シンプルでスピーディー。マニュアルを読まなくても誰でも当たり前に活用し、元気に働いている。

そんなシーンを思い浮かべながら作ってきました。

システムリリースに拍手をして喜んでくれたり、日々の仕事の中で当たり前にシステムを使ってくれている光景をずっと見てきました。

その体験が原動力となり、いまも続いています。


■なぜITコンサルタントか

開発者としてゼロからシステムを作り出すのはおもしろい。

しかしゴールが見えない中、心身を壊して辞めていく開発現場もたくさん見てきました。

そもそも「なんのためにやるのか」が欠落し、いきなりシステム導入や技術の話(全体ではなく枝の話)になっているケースが多く、迷走・進まないプロジェクトが多く発生しています。


企業の方向性、経営戦略とIT戦略をつなぐ上流・超上流と言われるところから関わらないと良いシステムはできない。だからITコンサルタントをしています。


■ITの成功は総合力とチーム力

超上流は重要、現場も重要、IT技術・選定・運用・社内と社外協力

全て重要

デジタル活用は総合格闘技のようなものです。

頭も体力も想像力も全てを動員し、問題があればすぐに修正。チームで協力して進めることが成功につながります。


色々な経験を活かし、ITコンサルタントとしてお役にたちたくオルタナティブを

立ち上げました。どうぞ宜しくお願い致します。


< 経歴 >

1995年 業務用食材卸会社のサッポロウエシマコーヒー株式会社の倉庫事務アルバイトとして入社。手書きで8時間かかった専用伝票を自身のプログラムで1時間に短縮。

1998年 情報システム部門に移籍プログラマ・SE・運用・インフラ構築などシステム全般に携わる。

2011年 情報システム部門責任者

2020年 サッポロウエシマコーヒー退社

2020年 株式会社 EZOTECの代表取締役社長就任。産業廃棄物/リサイクル業界の課題を解決するミッションを掲げ業界特化オリジナルWEBアプリケーション立上げ

2022年 EZOTEC退任

2023年 オルタナティブ立上げ。ITコンサルタントとして活動開始


とくいなもの・・全体最適を考えること、 課題の抽出と提案。UI設計

すきなもの・・音楽(ロックフェス フジ・ライジングサン)・ゲーム・コミック一気読み

好きな言葉・・枯れた技術の水平思考